読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわーっ

はわわわわっ

neobundleをインストールした

vim

新しい環境に一からインストールするのが面倒なのでコマンド作った。
もうすでに誰かがやってるのかもしれない。

set nocompatible

filetype off

let s:neobundledir   = expand('~/local/neobundle')

if isdirectory(s:neobundledir)
  if has('vim_starting')
    execute 'set runtimepath+=' . s:neobundledir . '/neobundle.vim'
  endif
  call neobundle#rc(s:neobundledir)

  NeoBundle 'Shougo/neobundle.vim'
  NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
  NeoBundle 'Shougo/vimproc', { 'build': { 'unix': 'make -f make_unix.mak', }, }
  " other plugins...

else
  command! NeoBundleInit call s:neobundle_init()
  function! s:neobundle_init()
    call mkdir(s:neobundledir, 'p')
    execute 'cd' s:neobundledir
    call system('git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim')
    execute 'set runtimepath+=' . s:neobundledir . '/neobundle.vim'
    call neobundle#rc(s:neobundledir)
    NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
    NeoBundle 'Shougo/vimproc', { 'build': { 'unix': 'make -f make_unix.mak', }, }
    NeoBundleInstall
  endfunction
endif

filetype plugin indent on

みたいな感じでvimrcに書いておく。

初回はvimを起動して

:NeoBundleInit

するとneobundle用のディレクトリが作られてunite.vimとvimprocがインストールされる。
あとはvimを再起動して

:Unite neobundle/install

とかやると残りのプラグインがインストールされる。