はわわーっ

はわわわわっ

archinstallbattleした

arch linuxをインストールしてmikutterを使うまで。
基本的には前やった時(arch linux をインストールした - はわわーっ)と同じでBeginners' Guide - ArchWikiを見ながらやった。
思い出しながら書いてるので間違ってるところがあるかも。
インストーラは2013.05.01リリースのやつ。
今回は無線LANだったのでネットつなげるのに苦労した。

まず、パーティションの設定。この辺はよくわかってないので適当。今回はswapも作った。

# fdisk /dev/sda

してからがんばる。

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048    62916607    31457280   83  Linux
/dev/sda2        62916608    71305215     4194304   82  Linux swap / Solaris
/dev/sda3        71305216   976773167   452733976   83  Linux

こんな感じになった。で、フォーマットとかやる。

# mkfs.ext4 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda3
# mkswap /dev/sda2
# swapon /dev/sda2

で、マウント

# mount /dev/sda1 /mnt
# mkdir /mnt/home
# mount /dev/sda3 /mnt/home

ネットにつなぐんだけど、やり方わからなくて困った。
Wireless Setup - ArchWikiとかWPA supplicant - ArchWikiとか見ながらがんばる。

# wpa_supplicant -B -i [interface] -c <(wpa_passphrase [essid] [passphrase])
# dhcpcd [interface]

ってやるとつながった。[interface]のところは iwconfig して調べる。

ベースシステムのインストール。

# pacstrap /mnt base base-devel

fstabつくる。

# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chrootする。

# arch-chroot /mnt

ロケールの設定。
/etc/locale.gen の ja_JP.UTF-8 UTF-8 のコメントを外してから

# locale-gen
# echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf

タイムゾーン

# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ハードウェアクロック。

# hwclock --systohc --utc

ホスト名。

# echo [hostname] > /etc/hostname

[hostname]のところは適当に変える。
wpa_supplicant をインストール。これやらないと再起動でHDDから起動したときにネットつなげる手段がなくなる気がする。

# pacman -S wpa_supplicant

ブートローダーをインストール。

# pacman -S grub-bios
# grub-install /dev/sda
# cp /usr/share/locale/en\@quot/LC_MESSAGES/grub.mo /boot/grub/locale/en.mo
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

rootのパスワード設定。

# passwd

一般ユーザの作成とパスワード設定。

# useradd -m -g users -G wheel [username]
# passwd [username]

sudoの設定。今回はsudoのパッケージがもう入ってたので

# visudo

してから

%wheel ALL=(ALL) ALL

の行のコメントを外す。
いったん再起動して一般ユーザーでログイン。

# exit
# umount /mnt{/home,}
# reboot

再起動したら、さっきと同じようにネットつなげる。
Xをインストール。

% sudo pacman -S xorg-server xorg-xinit xorg-server-utils

グラフィックカードのドライバをインストール。ドライバは適当なものを探す。

% sudo pacman -S xf86-video-intel

ノートPCのタッチパッドを使えるようにする。

% sudo pacman -S xf86-input-synaptics

gnomeインストールして起動時にgdmが有効になるようにする。NetworkManagerも入ってたのでこれも起動時に有効になるようにする。

% sudo pacman -S gnome
% sudo systemctl enable gdm.service
% sudo systemctl enable NetworkManager.service

で、再起動するとgnomeが立ち上がる。ネットワークの設定はタスクトレイにNetworkManagerがあるのでそこからできるようになる。

いろいろインストール。

% sudo pacman -S zsh gvim git mercurial chromium

yaourtをインストール。/etc/pacman.conf の最後に

[archlinuxfr]
SigLevel = Never TrustAll
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

を追加して

% sudo pacman -S yaourt

する。
missing required signiture とか言われてたので、SigLevel = Never TrustAll をつけといた。
uimとmozcをインストール。ついでにフォントもインストール。

% yaourt -S uim uim-mozc ttf-vlgothic

~/.xprofile に

export GTK_IM_MODULE=uim
export QT_IM_MODULE=uim
export XMODIFIERS=@im=uim
uim-xim &
uim-toolbar-gtk3-systray &

を書いておく。

% uim-pref-gtk3

するとuimの設定が出てくるのでデフォルトのインプットメソッドを設定。

mikutterをインストール。

% yaourt -S mikutter

これでmikutterを起動して認証したら使える。