読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわーっ

はわわわわっ

arch linux をインストールした

arch linux をインストールして mikutter が動くまで。
Beginners' Guide - ArchWikiInstallation Guide - ArchWiki をみながらやる。

Arch Linux - Downloads からインストーラーをダウンロードする。
archlinux-2012.11.01-dual.iso が今の最新版。

パーティションの設定。この辺よく分かってないので適当。

# fdisk /dev/sda

してからがんばる。結果はこんな感じになってる。

# fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107862016 bytes, 976773168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disk identifier: 0x38601c96

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048    41945087    20971520   83  Linux
/dev/sda2        41945088   976773167   467414040   83  Linux

フォーマット

# mkfs.ext4 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda2

マウント

# mount /dev/sda1 /mnt
# mkdir /mnt/home
# mount /dev/sda2 /mnt/home

ベースシステムをインストール

# pacstrap /mnt base base-devel

fstab を作る

# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot する

# arch-chroot /mnt

ロケールの設定
/etc/locale.gen の ja_JP.UTF-8 UTF-8 のコメントを外してから

# locale-gen
# echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf

エラーメッセージとかが文字化けするかもしれないので

# LC_MESSAGES=C

しておく(必要ないかもしれない)。

タイムゾーン

# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ハードウェアクロック

# hwclock --systohc --utc

ホスト名

# echo my_host_name > /etc/hostname

my_host_name のところは適当に変える。

ネットワーク関係

# systemctl enable dhcpcd@eth0.service

有線の場合はこれで起動時にうまいことやってくれる。

ブートローダーをインストール

# pacman -S grub-bios
# grub-install /dev/sda
# cp /usr/share/locale/en\@quot/LC_MESSAGES/grub.mo /boot/grub/locale/en.mo
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

sudo をインストール

# pacman -S sudo
# visudo

%wheel ALL=(ALL) ALL

の行のコメントを外す。

root のパスワード設定

# passwd

ユーザーの作成とパスワード

# useradd -m -g users -G audio,video,wheel my_user_name
# passwd my_user_name

いったん再起動して一般ユーザーでログイン。

# exit
# umount /mnt{/home,}
# reboot

yaourt をインストール
/etc/pacman.conf に

[archlinuxfr]
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

を追加して

$ sudo pacman -Sy yaourt

X をインストール

$ yaourt -S xorg-server xorg-xinit xorg-server-utils

グラフィックカードのドライバをインストール
ドライバは適当なものを探す。

$ yaourt -S xf86-video-intel

cinnamon をインストール
DE とか WM はお好みで。

$ yaourt -S cinnamon gdm gnome-terminal python2-dbus
$ sudo systemctl enable gdm.service

python2-dbus は cinnamon-setting を起動するのに必要(嘘かも)。
これで再起動してログインしなおすと cinnamon が出てくる。

日本語入力環境をインストール
ちょっと前に ibus が調子悪くなってしまったので uim に乗り換える。
ついでにフォントもインストール。

$ yaourt -S uim anthy ttf-vlgothic

~/.xprofile に

export GTK_IM_MODULE=uim
export QT_IM_MODULE=uim
export XMODIFIERS=@im=uim
uim-xim &
uim-toolbar-gtk3-systray &

を追加しておく。

$ uim-pref-gtk3

で uim の設定ができるので、デフォルトのインプットメソッドを anthy(utf-8) にする。キーバインドもお好みで。

いろいろインストール

$ yaourt -S zsh gvim git mercurial chromium

mikutter をインストール

$ yaourt -S mikutter

あとは mikutter を起動してアカウント認証すると、mikutter が動きます。